イライラ予防と安眠効果

血液中のカルシウム濃度が低下するとイライラすると言われています。カルシウムには気持ちを鎮める作用があると言われますが、牛乳は吸収率の高いカルシウムが含まれます。さらに必須アミノ酸【トリプトファン】は体内でセレトニンに合成され【メラトニン】という眠りを誘う物質となるので一層の安眠効果が期待できます。

乳タンパクから得られる【ペプチド】には免疫細胞を活性化させたり鎮静作用を持つものがあるとの研究もあります。寝る前に温めて飲むと安眠効果が一層上がるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です